コンテンツにスキップ
すべてのご注文は送料無料で、更に関税フリーです!
すべてのご注文は送料無料で、更に関税フリーです!
Creality Ender 7 3Dプリンター:仕様、価格、リリース、レビュー

Creality Ender 7 3Dプリンター:仕様、価格、リリース、レビュー

「永遠に終わりません」。Crealityはそれを再現しました。

さらに別のEnder3Dプリンターをリリースしました。 今回は、モデルの精度を損なうことなく、最大250mm/sの超高速印刷速度を主張するCoreXY3DプリンターであるEnder7です。

Crealityの史上に最速のEnderは250 x 250 x 300 mmのビルドボリュームと、リニアレール、デュアルクーリングファン、高流量ホットエンドなど、すべて組み合わせて付属しております。Crealityによれば、「3Dプリンターの新しい基準を設定します。」

このような最上級で最も成功している3Dプリンターを製造したCrealityに対しても、新製品に懐疑的な態度を持つ必要があります。さて、Ender7はどうなりますか? プリンタの仕様を詳しく調べて見ましょう。

特徴

COREXYセットアップ

もともとCoreXYは主にオープンソースまたはプロ仕様のマシン専用のニッチな手法でしたが、CoreXYアーキテクチャが高品質の印刷を高速で提供できるようになったため、最近複雑なキネマティックを設定し、消費者に向け3Dプリンターの傾向が形成されています。

Ender 7はこの傾向に従い、途中で新しい基準を設定し、CrealityのCoreXYフリートを最大3つまで立ち上げます。Ender6と最近リリースされた3DPrintMill CR-30(CoreXYのフリークバージョン)を除きます。

一般に、CoreXYプリンターはX軸とY軸にそれぞれステッピングモーターに接続され、2つのタイミングベルトを採用しています。各モーターの回転方法に応じて、プリントヘッドはさまざまな方向に移動します。また、もし1つのステッピングモーターだけがアクティブになっている場合は、斜めに移動します。このデザインのメリットはステッピングモーターがプリンターフレームの上で固定するので、移動するガントリーの重量と慣性が軽減され、速度と精度などが高めました。(印刷の品質を損なわないです。)

欠点としてベルトシステムは摩耗しやすく、正しい位置と合わせされていないと失敗の可能性が高いです。 ありがたいことにCrealityはすでに組み立て済みのベルトセットアップを出荷しているので、手間が省けます。

 

印刷量

Ender 7のビルドボリュームが250x 250 x 300 mmです。大きなプリントに十分なスペースを提供しますが、いまの基準ではすでに寛大なビルドボリュームとは見なされていません。前身のEnder6よりZ軸の高さが低くなっていますが、日常のプリントを処理するのに十分なスペースを提供する必要があります。サイズで工夫するではなく、スピードに目指した方がいいと考えます。

 

超高速印刷

CoreXYプリンターの主な魅力はスピードです。Ender7を通して、Crealityは驚くほど高い250 mm / sの印刷速度をしながら、「標準」の50〜60 mm / sの印刷速度と同じな品質を維持できることを証明されています。

Ender 7はこの速度を実現できた原因は、42-60ステッピングモーターがベルトに十分なパワーとトルクを提供しますから。また、こんな高速でも正確な動きを保証するため、エンダー7はX軸とY軸にリニアレールガイドを採用し、スムーズで安定で動き、耐久で長持ちすることができます。

Ender 7の3Dプリンターは高速で確実にプリントできるかどうかを証明できるのはテストしかないです。

デュアル冷却ファン

印刷の速度のために、印刷層を適切に冷却することが不可欠です。そうしないと、印刷するときにエラーが起こしやすいです。

必要な冷却効果を実現するために、Creality Ender 7はプリントヘッドの両側からノズルに絶えず吹き付けるデュアルファンプリントヘッドを備えています。Creality Labによると、これらの蝶の形をした翼ダクトは以前のモデルよりも169%多い空気を吸い込み、必要な冷却効果を提供します。

 

カスタマイズされた大容量ノズル

Ender7のカスタマイズされた大容量ノズルは高速印刷に向けて調整された機能です。50mm³の溶融チャンバー容積おを増加すると大きな加熱ブロックによりホットエンドは超音速に近い速度で印刷する場合でも、溶融フィラメントをスムーズに供給できます。

フレームに取り付けられたボーデンスタイルの全金属デュアルギア押出機搭載も溶融フィラメントをスムーズに供給できます。

さらなる機能

Ender7の追加機能は下の通り:

片持ち式の造形エリア:Crealityのカーボランダムガラスで塗りつけ、親ねじでZ軸を上下に移動します。造形エリアの優れた接着性を感じられ、片持ち式ので、少し不安定の可能性もあります。

補助ベッドレベリング:他のCrealityバージョン(CR-6 SEなど)と異なり、Ender7には自動なレベリング機能がありません。ユーザーは自分でベッドを調整する必要があります。レベリングする時に造形エリアでA4用紙を置き、プリントヘッドがA4用紙に描いた浅いマークを基準にします。

タッチスクリーンコントロールパネル:4.3インチのカラータッチスクリーンので、使用の時に分かり易いです。

フィラメント感知器とレジューム印刷機能:最近のプリンターには驚きがありませんが、何かが横向きになった場合には不可欠です。

 

技術仕様

一般仕様

技術:熱溶解積層方式(FDM)

年:2021年

組み立て:部分的に組み立てられる

機械の配置:CoreXY

メーカー:Creality

3Dプリンターの属性

ビルドボリューム:250 x 250 x 300 mm

フィーダーシステム:ボーデンドライブ

プリントヘッド:シングルノズル

ノズルサイズ:0.4mm

最大ホットエンド温度:260℃

最大加熱床温度:100℃

プリントベッド素材:コーティングガラス

フレーム:アルミ

ベッドレベリング:手動

接続性:SDカード、USBケーブル

印刷リカバリ:はい

フィラメント感知器:はい

カメラ:いいえ

材料

フィラメント径:1.75mm

サードパーティのフィラメント:はい

フィラメント材料:消費者材料(PLA、ABS、PETG、フレキシブル)

ソフトウェア

推奨されるスライサー:Cura、Simplify3D、Repetier-ホスト

オペレーティングシステム:Windows、Mac OSX、Linux

ファイルタイプ:STL、OBJ、AMF

寸法と重量

フレームの寸法:430 x 460 x 570 mm

重量:17.2 kg

 

Amazonの商品レビュー・口コミを見る

公式から購入

前の記事 モデルエンジンDIYキット1型モデルカーエンジンキット

コメントを残す

*必須フィールド